リフォーム内容をザックリご紹介【5棟目3】

リフォーム後

前回は騒音香害物件の周辺環境について書いたので、今回は物件の中身について書いていきます!


築40年くらいの軽量鉄骨
コンパクトな3DK
玄関扉を開けたら即ダイニングで部屋が丸見えな感じです。

指値の条件に大きな家具の処分はこちらですることになっていたので、ベッドやタンスなどを格安の廃品回収業者に頼んで処分しました。

格安なのでトラックまで運ぶのは自分たちで行うのですが、2階にあるベッドやタンスは狭い階段を通らなかったので解体して運びました。
大変でしたがお金のためです!
これで数万変わるのなら肉体労働をします。

今思えばシモンズのベッドや古くて趣のあるタンスは、ジモティーを使って誰かに譲るのも手でした。
リフォームの大工工事は獣の巣物件でお世話になった大工さんにまたお願いしました。

物件を見た大工さんは
「前回の家よりもかなり程度がいいんじゃない?すぐに住めそうだよ!」
と仰っていました。

たしかに、前回の廃墟に比べれば住める家ではあるのですが、問題がないわけではありません。
問題を上げていくと

  • 急階段
  • 3部屋和室
  • 洗濯機置場が外
  • 外壁がチョーキング
  • 壁・天井が汚い
  • 駐車場無し
  • 庭に巨大な夏ミカンの木

ザっとこんな感じです。

急階段
どうしようもないのでそのまま放置です。

3部屋和室
和室が多い物件は不人気なので、リビングと2階和室の計2部屋を洋室化しました。
2階は襖で仕切られている部屋の片方だけを洋室にするので
「あえて片方だけ和室でオシャレでしょ~」
感を出すためだけに、今回のリフォームイメージを旅館風に決めました。
寝るところだけ和室で、隣の洋室にテーブルやソファーを置いてくつろげますよーというイメージです。


洋室と和室

屋外の洗濯機置場
洗濯機置場が外にあるのは戸建てでは致命的に感じたので、室内に新設します。
普通なら洗面所に作るのですが、洗面所は狭くて洗濯機をおくスペースはありませんし、洗面所付近にもあまりスペースはありません。
どこかいいスペースはないものかと検討した結果、階段下のスペースになりました。
使いやすいかは謎ですがデッドスペースだったので、すっきりと洗濯機が収納できてよかったです。

外壁チョーキング
1棟目の経験から絶対にDIYしないと決めているので、タローが電話帳ローラー作戦で見つけた塗装屋さんにお願いしました。
外壁の色は一般的な薄いベージュ系とお願いしたつもりが、仕上がってみたら青みがかった薄いグレーでした!
屋根や玄関の色とも内装の色ともミスマッチに仕上がっていて少々ビックリしましたが、しっかりと色を指定しなかった自分たちの責任なので、何も言わずに工事代金を支払いました。
しっかり色見本を見て指定しないといけないなと深く反省しました。

天井・壁
天井や壁などの内装は、天井はペンキ塗装、壁はクロス張り、床はCFを張りました。
すべてDIYの予定でしたが、タローが病気で入院したのでクロスとCFを内装屋さんに初めてお願いしました。
プロの仕上がりはやはりすごいです!
押入れ内にも張ってもらいました。

押入れ

本当は上下段正面だけアクセントクロスの予定だったのですが、上段だけ前面アクセントクロス、下段は量産クロスの仕上がりになっていました。

何だが上段がおめでたい感じです。
またもや説明不足でした。

駐車場
駐車場がなくても近隣に月極があるのでOKです。
家賃を下げれば駐車場がなくても大丈夫!

巨大な夏ミカンの木
家の高さと同じくらいの背丈でした!
さすがに大きすぎで自分たちでは手に負えないので、ネットで探した業者さんに依頼して伐採してもらいました。
なんと夏ミカンの木にはスズメバチの巣があったそうです。
優しい業者さんで、駆除スプレーで対処してくれていました。
ありがたいですね。

ザックリとこんな具合にリフォームをしました!
5棟目ともなれば慣れてきて失敗もないだろうと思っていたら業者さんとの意思疎通がしっかりとできていなかったためにちょっと失敗してしまいました!

ですが、細かいことを気にしてたらボロ戸建ての不動産投資なんてできないので、気にしないのが一番です。
デザインのちょっとしたミスなんて家賃には関係ないのでどうってことありません!

しょーがない!次から気をつけよ!

という軽いスタンスでいた方が精神的にも楽ですしね!
次は騒音&香害をどう対処したのかについて書いています。