マンション管理士は不動産投資の役に立つのか!?

マンション管理士のハムスター

不動産投資で一棟マンションを買おうとすると気になるのは自分で管理できるのかどうか。
マンション管理のプロと言われる「マンション管理士」ですが、不動産投資をする上で必須の資格なのでしょうか?
マンション管理士の概要や試験についても詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

資格の概要

マンション

マンション管理士は、平成13年8月に施行された「マンション管理の適正化の推進に関する法律(マンション管理適正化法)」に基づく国家資格です。
マンション管理士試験に合格し、マンション管理センター(指定登録機関)に登録した方は、マンション管理士の名称を用いて、マンションの管理に関し、管理組合や区分所有者等からの相談に応じ、助言、指導その他の援助活動を行うことができます。
マンション管理士は、管理組合の運営、管理規約の改正、大規模修繕工事などのマンションの管理に関する様々な問題に対して、専門知識や経験を通じて解決を支援する総合コンサルタントです。

出典:国土交通大臣指定試験機関 公益財団法人マンション管理センター

マンション管理士の取得方法

試験
気になる試験について詳細を見ていきましょう。

試験内容

①マンションの管理に関する法令及び実務に関すること

  • 建物の区分所有等に関する法律
  • 被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法
  • マンションの建替え等の円滑化に関する法律
  • 民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)
  • 不動産登記法
  • マンション標準管理規約
  • マンション標準管理委託契約書
  • マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等) 等

②管理組合の運営の円滑化に関すること

  • 管理組合の組織と運営(集会の運営等)
  • 管理組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)
  • 管理組合の苦情対応と対策
  • 管理組合の訴訟と判例
  • 管理組合の会計 等

③マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること

  • マンションの構造・設備
  • 長期修繕計画
  • 建物・設備の診断
  • 大規模修繕 等

④マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

  • マンションの管理の適正化の推進に関する法律
  • マンションの管理の適正化に関する指針 等

試験方法

50問4肢選択(マークシート)

受験資格

年齢、学歴等に関係なく、誰でも受験できます。

開催時期

年に1回(毎年11月の最終日曜日)

受験料

9,400円(非課税)

合格率

2001年から2019年までの合格率です。

年度受験申込;受験者数者数合格者数合格率合格点
2001年109,520人96,906人7,213人7.4%38点
2002年62,124人53,317人3,719人7.0%36点
2003年43,912人37,752人3,021人8.0%38点
2004年36,307人31,278人2,746人8.8%30点
2005年30,612人26,184人1,909人7.3%34点
2006年25,284人21,743人1,814人8.3%37点
2007年23,093人19,980人1,479人7.4%36点
2008年22,462人19,301人1,666人8.6%37点
2009年21,935人19,120人1,444人7.6%34点
2010年20,348人17,704人1,524人8.6%37点
2011年19,754人17,088人1,587人9.3%36点
2012年18,894人16,404人1,498人9.1%34点
2013年17,700人15,383人1,265人8.2%38点
2014年17,449人14,937人1,260人8.4%36点
2015年16,466人14,092人1,158人8.2%38点
2016年16,006人13,737人1,101人8.0%35点
2017年15,102人13,037人1,168人9.0%36点
2018年14,227人12,389人975人7.9%38点
2019年13,961人12,021人991人8.2%37点

出典:Wikipedia


平均して7~9%の合格率です。

おすすめ参考書

【2020年版 マンガはじめてマンション管理士・管理業務主任者 】

不動産投資との関係

マンション管理士が不動産投資にどのように関係するのか見ていきましょう。

資格がないとできないこと

多くの資格には、法律によってその資格を持っている人しかできない仕事が定められており、これを独占業務と言います。
マンション管理士には独占業務はありません。
つまり、マンション管理士を持たないとできないことは一切ありません。

取得するメリット

マンション管理・運営に関する知識を身に付けることができます。
一棟マンションや区分マンションを所有している場合、その管理状態が適切なのか自分で見極めることができます。

取得するデメリット

一般的には600時間前後での勉強時間で取得可能と言われており、取得するためには大変時間がかかります。

不動産投資のために取得した方が良いのか

戸建てやアパートの不動産投資の対象とする場合には直接役に立つ機会は少ないですが、区分マンションや一棟マンションを狙う場合にはその知識が役に立ちます。
マンション管理士を勉強することで、現在の管理会社の質がわかったり、修繕積立金などの費用が適切かなど自分自身でも判断できるといったメリットがあります。
ただし、資格がないとできないということではないので、不動産投資家としては知識として学んでおけば十分な内容です。
区分マンションや一棟マンションでの投資で失敗しないためには、概要だけでもさらっと勉強しておくと良いと思います。
不動産投資においてのマンション管理士取得のおススメ度は・・・

(もし、区分マンションを狙うなら☆4コ)