初めての大家、入居者との付き合い方【①事故物件11】

入居者との連絡手段

前回の記事では、初めての客付けについて記載しました。
ボロボロの事故物件で色々と大変でしたが、そういった心理的瑕疵も気にしない方に入居していただくことができました。

今回は初めての入居者との対応についてのお話です。

スポンサーリンク

初めての自主管理で即滞納!

初めて大家になり、しかも自主管理です!
「・・・何したらいいんだ。不安だ!!」
と思っていると入居後2ヵ月しないうちに早速連絡がきました。

母子家庭のHさん「引っ越しで仕事を休んで給料が少なくなり、引っ越しでお金もかかってしまったので来月分の家賃が払えません。母子家庭の給付金が入ってから来月分を支払いたい」
と、お困りのようでした。

引っ越しは案外お金がかかりますし、仕方のないことなので即OKしました。
数ヵ月後、約束通り振り込んでもらえたので良い入居者さんでよかったです。
中には平気で何カ月も滞納する方もいますからね・・・

家賃保証会社を利用して家賃を口座としても、当初手続きの期間があり、最初の1~2ヵ月は入居者から直接振込になります。直接振込分の滞納については保証会社によって対応が異なり、保証会社が即立て替えるパターンと、退去時に一括清算するパターン(自分で回収しないと、数年間未収入金扱い)があるので、自分の使う保証会社がどうなのか、要注意です。

1年後、二度目の滞納!

1年ちょっとした頃に「来月分支払いが厳しい」とまたHさんから連絡がありましたが、口座引落しで保証会社が立て替えて振り込んでくれるので、大家としては特に何もすることはありませんでした。

後日しっかり滞納分も支払っていたようで安心しました。

入居後早々に家賃の問題があったものの案外やることは少なく、Hさんがとても良い人なので小心者の私でもなんとか大家をできています。
家賃の滞納の他にも台風で屋根が雨漏り寸前な状況になったり、隣家(貸家)の境界の塀について隣家のオーナーさんと打ち合わせしたりなどもありましたが、タローの働きのおかげでスムーズに解決することができました(詳細は後日また書く予定です)

入居者さんとの連絡方法

Hさんとの連絡は主にLINEです。
あまり気遣わずにお互いに連絡しやすいですし、既読を確認できて安心です。
連絡手段
ですが連絡は最低限にして用がないときは連絡せず、近からず遠からずな距離を保つように心がけています。

あと、用事があって物件に行くときには気遣われない程度の手土産を持っていくようにしています。
菓子折りが理想だと思うのですが、急遽駆けつけることが多いので私はコンビニでちょっと高めのお菓子とドリップコーヒー(袋タイプ)などを買っていくことが多いです。
忙しく働くHさんにお菓子とコーヒーでホッとした時間を過ごせてもらえたらいいなと思ってのチョイスですが、実際のところどうなのか少し不安ではあります。

渡したときは喜んでいるようなのですが、「しけた手土産だな」と思われていないか・・・
加減が難しいです。

今度行く用事があれば菓子折りも試してみようかと思っています!
たまーに家計が苦しくなるHさんではありますが、忙しく働きながら高校生のお子さんを育てている立派な方です。
滞納しそうなときは事前に言ってくれるなんてとっても誠実な方なので、ぜひ長く住んで欲しいです。

入居者との対応で心がけていること

過剰に接するのも微妙ですし、入居者さんとは以下のように接するように心がけています。

  • LINEで気軽に連絡できる状態にする
  • 近からず遠からずを保つ
  • 物件に行くときは手土産
  • トラブルがあればすぐに駆け付ける
  • サービス業であることを忘れない!

次回は実際に書か買った費用と利回りについて詳しくかいています!
正直に書いていますので必見です!





ぶたどん
ぶたどん

ブログ村始めました。
応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村